AI時代を切り拓くデータサイエンス

開催概要

私たちの生活や仕事のさまざまな場面で、AI(人工知能)が使われるようになったと言われます。一方で、実際にどのように使われているのか、よくわからないという話もよく聞きます。
楽天株式会社楽天技術研究所と兵庫県立大学のコラボレーションにより、AI、ビッグデータを活用したマーケティング、データサイエンスを担う人材育成、身近な生活にかかわるAIの現状など、人工知能(AI)が私たちの生活にどのような変化をもたらすのかについて、消費生活、医療、教育など、身近な話題をテーマにしてわかりやすく解説します。

日時

4月29日(月・祝) 16:00~17:10

場所

KIITO 3F Future ステージ

参加

無料

出演者

平手 勇宇

平手 勇宇

平手 勇宇
楽天株式会社 楽天技術研究所東京 シニアマネージャー

2008年早稲田大学大学院理工学研究科情報ネットワーク専攻博士後期課程修了。博士(工学)。早稲田大学メディアネットワークセンター助手を経て,2009年楽天株式会社楽天技術研究所入所。現在,楽天技術研究所東京 シニアマネージャー。
データマイニング,自然言語処理,機械学習に関する研究に従事。

小橋 昌司

小橋 昌司

小橋 昌司
兵庫県立大学 先端医工学研究センター長/工学研究科教授

『人工知能が変える医療』
2000年3月姫路工業大学工学研究科卒。博士(工学)。医用画像解析、認識に関する研究に従事。
最近は、人工知能をもとに、医用画像を用いた医師の診断支援、予測に基づく先制医療支援、手術AIナビゲーションなど、人工知能にもとづく医工学の研究開発、実用化に取り組んでいる。

笹嶋 宗彦

笹嶋 宗彦

笹嶋 宗彦
兵庫県立大学 社会情報科学部准教授

『データサイエンティストの育成』
1997年大阪大学大学院基礎工学研究科修了、博士(工学)。専門は知識工学。
企業と大学両方の立場から、AI技術を現場に適用する産学連携プロジェクトに数多く参加。
AI応用は課題発見から施策の浸透までやってこそ、が信条。人工知能学会論文賞2回受賞(1996、2012)