078 music みなとのもり公園

日時

4月28日(日)15:00〜21:00 TECHNO (予定)
4月29日(月)15:00〜21:00 TECHNO (予定)

場所

みなとのもり公園

参加

無料

開催概要

2017年春、第1回の078で鮮烈な印象を残した078MUSIC みなとのもり公園夜の部 TECHNO が帰ってくる。第3回となる今年 078 ’19 にて、初回と同じみなとのもり公園に特設ステージを設け、ダンスミュージック中心としたサウンドフェスティバルを開催します。音の粒感と抜けを突き詰めたサウンドエンジニアリングが心地よくかつ最先端のミュージックをお届け。特に夜は音と光、映像をシンクロさせた圧倒的な体験をもたらします。

4/28(日)出演アーティスト(3/17時点)
System7 (A-Wave/UK)
SUDO  (SCI+TEC, MOOD)
岡野弘幹 / HIROKI OKANO

4/29(月)出演アーティスト(3/15時点)
AOKI takamasa
DJ COMPUFUNK
SOICHI

※ 4月28日(日)10:30~14:00  神戸市企画 、4月29日(月) 10:30~14:00 の時間帯は神戸市職員企画イベントを実施予定です。
※ 今年の078MUSICは、みなとのもり公園とメリケンパークの2会場にて開催。メリケンパークではロックを中心にお届けします。

2017年 初回078MUSICみなとのもり公園 風景

078 MUSIC ’17 開催風景(SUDO Live)

4/28(日)出演アーティストアーティスト

岡野弘幹/HIROKI OKANO

音楽家・サウンドアーティスト。1964年生まれ。90年にドイツIC DIGITよりワールドデ ビュー。民族楽器を多彩に扱い、日本的感性で表現したアンビエントミュージックは欧米 のメディアでも広く紹介されている。現在までに発表したソロ、グループのアルバムは、 30作以上。国内外の野外フェスにも数多く出演。ライフワークとして世界の聖地、自然遺 産、全国の著名社寺などでの演奏活動を継続するかたわら、作曲家として、サウンドアー ト制作、映画・テレビ番組等への楽曲提供、様々なイベントの音楽監督など、活動は多岐 に渡る。 近年の活動としては、「大琳派祭」(2015/京都国立博物館)音楽監督と演奏、「第41 回全国育樹祭」(2017/香川)メインアトラクションの音楽監督と演奏、2018年全国公 開の映画『PEACE NIPPON』の音楽監督。平成29年度香川県文化芸術選奨受賞。

SUDO (SCI+TEC, MOOD)

(ageha メインアリーナでの SUDO live)

神戸出身のIsao SudoとTakashi Sudoからなる実の兄弟DJ/プロデューサーユニットSUDO。80年代のロック、ジャズ、ニューウェーブ、クラッシックと多種多様なジャンルから影響を受けるなか、90年代初頭にダンスミュージックに衝撃を受ける。当時関西エリアにはこういったイベントが殆どなく、イベントを2人でオーガナイズし述べ4万人以上を動員し関西・東海エリアにシーンの拡大に貢献していく。さらに音楽制作に活動を移行し2011年にINDIGO名義でアルバムをリリース。イビサのLas Daliasや韓国の名門クラブ”Volume”を単独で満員にしたり、音楽配信サイトKing Beatで1位を獲得する。伝説的DJ Sven Väthとの出会いを経て、テクノの楽曲制作に特化したユニット “SUDO” 名義で活動をスタートさせる。日本古来から芸術芸能で有名な天河大辨財天社にて数々の神事・奉納演奏での経験が後に、SUDOの音楽的にも多大な影響を与え2013年にIsaoは活動の拠点をベルリンに移し、プロモーション活動に明け暮れる日々を送る。その才能がDeep Dishとしても有名であり、テクノ最重要レーベルの1つである “SCI+TEC” 主宰のDubfire の目に留まり15年6月には、”MONOGRAM EP”を発売。これを機にイビサを始め世界中のフェスやトップクラブでSUDOのサウンドがヘヴィープレイされ、Dubfireは異例ともいえる一年以上ヒット曲 ”Invisible Space”をプレイし続けた。その後もイタリア、フランス、スペイン等、各国主要レーベルからリリースが続き、2018年にはUKのNicole Moudaberのレーベル”Mood Records“、オランダの”Gem Records“からのリリース。トップアーティストRichie Hawtin、Adam Beyerらのサポートを受け、世界各国のレーベルから日々楽曲提供、リミックス依頼が後を絶たない。またファッションブランドの”ルイ・ヴィトン“や”MIZUNO“等への楽曲提供とダンスミュージックという枠を超えた活動も注目されている。 日本最大級のクラブ”ageHa“でのメインやバルセロナの名門フェスSonarでのSCI+TEC Showcase、2018年には世界的に有名なブルガリアのトップクラブ”Cacao Beach“でのギグを大成功させ、ヨーロッパを中心に日本人ライブアクトとして世界を舞台にした更なる活躍が期待されている現在最注目のアーティストである。

(Isao Sudo(SUDO)紹介記事)

System 7 (A-Wave/UK)

System7 “hinotori”

SYSTEM 7はスティーブ・ヒレッジ(Steve Hillage)とミケット・ジローディ(Miquette Giraudy)によるユニットで、彼らはサイケデリック・ダンス・ミュージックの誕生に大きな影響を与え、前身であるプログレッシブ・ロックバンドGong時代から数えると二人のキャリアは45年以上にも及ぶ。
現在もその存在はダンスミュージックのジャンルにおいてテクノとプログレッシブ、そしてトランスの中間点に確固たる地位を築いている。 ここ日本でも1995年の初来日から現在までほぼ毎年コンスタントに来日を果たし、そのオリジナルなパフォーマンスが多くのファンを魅了し続けている。
日本と彼らの繋がりもとても強く深く、2007年手塚治虫氏の代表作である『火の鳥』をトリビュートしたアルバムをリリース。2011年には国内屈指のオルタナティブバンドRovoとのコラボレーションツアーを行い、2013年Rovo and System7名義によるフルアルバム『Phoenix Rising LP』をリリース、国内、アジア、ヨーロッパのツアーを成功におさめる。そして2005年にアンビエント、チルアウトプロジェクトMirror Systemを始動させる。2018年には彼らの全てを詰め込んだSystem7 & Mirror System 名義での『Cafe Seven』をリリース。そして同年、秋田の老舗酒造「新政酒造」とのコラボレーション日本酒も完成させ、2019年春このお酒に同封された2枚組CDである『Feild of Dreams』を世界リリースする。秋田民謡を大胆にフューチャーしたそのタイトル曲は彼らと日本文化とのコラボレーションの最高峰となるものになった。彼らの活動はまさにとどまることを知らない。


4/29(月)出演アーティストアーティスト

AOKI takamasa


1976年大阪府出身。現在は大阪在住。
Born in Osaka, 1976. Presently living in Osaka.
RHYTHM + PHOTOGRAPHY
http://aokitakamasa.com

インタビュー等メディア関連
RA:Japan City Guides
https://www.youtube.com/watch?v=zjQjPNWe4bc
https://www.residentadvisor.net/japancityguides

RA:AOKI takamasa:枯れない泉


「未来の音楽システム」に嫉妬したい-  
サカナクション山口一郎×AOKI takamasa インタビュー
https://wired.jp/2016/03/01/interview-ichiro-yamaguchi-aoki-takamasa/

坂本龍一 WAR&PEACE AOKI takamasa remix
http://1overf-noise.com/sakamoto-ryuichi/war-and-peace-aoki-takamasa-remix/