臓器を自在に作れる時代がやってくる!

開催概要

iPSを使った網膜細胞の移植などがニュースで大きく取り上げられるなど、再生医療に対する期待が高まっています。しかしながら、現在のところ移植に使われるのは、網膜や皮膚など平面状の比較的単純なものに限られます。このハードルを突破すると期待されているのが「オルガノイド」と呼ばれるテクノロジーです。このセッションでは、オルガノイドの生まれた背景、科学的意義とともに、今後の展開などを最先端の研究者二人により議論します。

日時

4月28日(日) 14:30~15:40

場所

KIITO 3F Future ステージ

参加

無料

出演者

森本 充 Ph.D.

森本 充 Ph.D.

理化学研究所生命機能科学研究センター
呼吸器形成研究チーム
チームリーダー

髙里 実 Ph.D.

髙里 実 Ph.D.

理化学研究所生命機能科学研究センター
ヒト器官形成研究チーム
チームリーダー