interactive

開催概要



開催日程2017年5月6日(土)〜7日(日)
共催神戸市 地域ICT推進協議会(COPLI)
開催会場デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)内(http://kiito.jp/

登壇者

デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)3Fで開催される講演の登壇者はこちらになります。(時間、場所、講演内容および登壇者は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。)

5月6日(土)


神戸からシンギュラリティを起こそう!



松田 卓也 Takuya Matsuda
神戸大学名誉教授 
1970年京都大学大学院博士課程修了、理学博士、天体核物理学専攻、1970年京都大学工学部航空工学科助手、1973年同助教授、1992年神戸大学理学部地球惑星科学科教授、2006年同定年退官、2006年同志社大学、甲南大学非常勤講師、2013年定年退職、ジャパンスケプティックス会長、NPO法人あいんしゅたいん副理事長、元日本天文学会理事長、ブロードバンドタワーAI2オープンイノベーション研究所所長



塚本昌彦 Masahiko Tsukamoto
神戸大学大学院工学研究科教授
1987年京都大学工学部数理工学科卒業、1989年京都大学大学院工学研究科博士前期課程修了、同年シャープ株式会社に入社し、コンピュータシステムの研究開発に従事。1995年大阪大学大学院工学研究科講師、1996年同研究科助教授、2004年神戸大学工学部電気電子工学科教授。2007年神戸大学大学院工学研究科教授。工学博士、NPOウェアラブルコンピュータ研究開発機構理事長、NPO日本ウェアラブルデバイスユーザー会会長。ウェアラブルの伝道師として、ウェアラブルの研究をしている。



モデレーター:保田 充彦 Atsuhiko Yasuda
株式会社ズームス代表
神戸市生まれ。京都大学大学院工学研究科(航空工学専攻)で、松田卓也氏の指導のもと、スーパーコンピュータによる宇宙流体力学の数値計算を研究。1988年修士課程修了。重工メーカーの技術者として航空機用エンジンなどの設計開発に従事した後、2006年株式会社ズームスを設立。現在は科学技術に関する映像制作・記事執筆・翻訳や、VR/MR(仮想現実/複合現実)などのインタラクティブ・コンテンツの開発をおこなっている。


詳細はこちら


被写体をグルッと回せる次世代コンテンツ 〜擬似3D画像の世界〜



坂本竜基 Ryuki Sakamoto
ヤフー株式会社 先端技術応用室 室長
株式会社 国際電気通信基礎技術研究所(ATR) 研究員、国立大学法人 和歌山大学 システム工学部 講師、Yahoo! JAPAN研究所 上席研究員を経て、2015年より現職。
大学院生時より新しいインタフェースによる経験の可視化・共有を目的とした研究開発に従事し、近年は自由視点映像を低導入・運用コストの切り口から世界初の本格的な実サービス化に取り組んでいる。
IPA未踏ソフトウェア創造事業 天才プログラマー/スーパクリエータ、2014年(社)情報処理学会 山下記念研究賞。博士(知識科学)


詳細はこちら


078 Hardening



Hardening とは堅牢化を意味します。チーム対抗で、各チームに付与されるECサイトを守りビジネスの継続性を競います。今回は「078」内の一大イベントとしてMINI Hardening Projectと連携し「078 Hardening」を開催します!

「078 Hardening」は以下のような特徴があります。
・Hardening Project、MINI Hardening Project と実施概要など連携した上で開催します
・競技を通じて気付きを得てもらうためのイベントです
※ Mini Hardening Pjoject http://minih.wasforum.jp/


詳細はこちら


5月7日(日)


KOBEのスポーツが進化?!超人スポーツ&ウェアラブルコンピューティング



稲見昌彦 Masahiko Inami
東京大学 先端科学技術研究センター 教授
1994年、東京工業大学生命理工学部生物工学科卒。1996年、同大学大学院生命理工学研究科修士課程修了。1999年、東京大学大学院工学研究科先端学際工学専攻博士課程修了。東京大学リサーチアソシエイト、同大学助手、JSTさきがけ研究者、電気通信大学知能機械工学科講師、同大学助教授、同大学教授、マサチューセッツ工科大学コンピューター科学・人工知能研究所客員科学者、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授等を経て2016年より現職。自在化技術、Augmented Human、エンタテインメント工学に興味を持つ。現在までに光学迷彩、触覚拡張装置、動体視力増強装置など、人の感覚・知覚に関わるデバイスを各種開発。米TIME誌Coolest Invention of the Year、文部科学大臣表彰若手科学者賞などを受賞。超人スポーツ協会発起人・共同代表。著書に『超人スポーツ誕生』(NHK出版新書)がある。



【再掲】塚本昌彦 Masahiko Tsukamoto
神戸大学大学院工学研究科教授。
工学博士、NPOウェアラブルコンピュータ研究開発機構理事長、NPO日本ウェアラブルデバイスユーザー会会長。ウェアラブルの伝道師として、ウェアラブルの研究をしている。



犬飼博士 Hiroshi Inukai
ゲーム監督、eスポーツプロデューサー。つながりと笑顔を生むツールとして、ゲームとスポーツに着目。eスポーツの世界大会の予選を国内で開催し日本代表を引率。スポーツとITを融合した「スポーツタイムマシン」等の作品発表。人工知能を巻き込んだ遊びを研究開発中。人工知能と現代的なスポーツマンシップとしてスペースマンシップを提唱。「未来の運動会プロジェクト」を進行中。


詳細はこちら


NPO×IT フューチャーセッション〜社会問題を解決するためのNPOとITとあなたの協創ワークショップ



成松 秀夫 Hideo Narimatsu
Project Management Institute日本支部地域サービス委員、関西フューチャーセンター
本業は総合電気メーカーのプロジェクトマネージャー。ボランティアで行政、教育機関、NPOなどのプロジェクトファシリテーター、フューチャーセッションを使って対話によるイノベーション促進ファシリテーターなど行う。


詳細はこちら


interactive1Fの情報はこちら!

interactive2Fの情報はこちら!


interactive