INTERACTIVE

開催概要

078のカンファレンスは、参加自由、申し込みは必要ありません。
Peatixでのチケット申し込みは、参加人数を把握するための目安であり、お申し込みいただかなくても参加いただけます。申し込みいただいた皆様には、今後078に関します各種ご案内をお送りする場合がございます。

開催日時5月7日(日)13:00〜14:10
開催会場デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)内(http://kiito.jp/)3F 303

講演概要

東日本大震災から6年が経過しました。東北では、ITの領域でも数々の復興活動が展開されたほか、ビジネス面でもユニークな取り組みや製品・サービスが生まれています。また、神戸においても、阪神淡路大震災から22年を経て、世界をリードすべく、意欲的なベンチャー、スタートアップが活動を広げています。それぞれから見える未来とは、どのような姿でしょうか。
このセッションでは、「ペイ・フォワード(pay it forward)」をテーマに、神戸と仙台それぞれからITベンチャーの代表を招き、復興で世界から受けた恩を、新しい価値を広げていくことで返していくことの意義や実践について、参加者のみなさんとともに議論します。

登壇者

大山 雄輝 Yuki Ooyama



株式会社フェイスクリエイツ代表取締役
1980年生まれ。三重県出身、神戸市在住。小学生の頃からプログラミングを始め、インターネットとともに青春時代を過ごす。2009年に株式会社フェイスクリエイツを設立し代表取締役に就任。自分たちで自分たちに必要なものや仕組みをつくっていく「創造社会」を目指し 、仲間とともに様々なコミュニティーを立ち上げる。2015年に自社サービス「RALLY」をリリース。地域活性化サービスとして全国から注目を集める。
FaithCreates Inc.
http://www.faithcreates.co.jp/
RALLY
https://rallyapp.jp/


原 亮 Ryo Hara



エイチタス株式会社 代表取締役社長
みやぎモバイルビジネス研究会 会長
Global Lab SENDAI 代表幹事
1974年生。東京都品川区出身。編集者・ライターを経て、2004年に仙台でITベンチャーに参画。その後、フリーランスに転じ、2016年、エイチタス株式会社を設立、代表取締役に就任。「共創」をテーマに掲げ、地域で自走する人や組織、社会を作るための活動を展開している。近年は、アイデア創発の場づくりとして、アイデアソン・ハッカソンの開催を全国で幅広くサポート。地域での課題解決から企業の新規商品企画まで、あらゆるテーマを扱っている。東北でも複数のIT団体を率いつつ、1次産業、観光、介護、防災、地域資源など各種分野で、IT利活用やアイデア創発の手法を取り入れた異分野連携の場づくりを、多数手掛けている。


佐々木 賢一 Kenichi Sasaki



トライポッドワークス株式会社 代表取締役社長
株式会社日本総合研究所へ入社後、日本オラクル株式会社にて勤務し2000年に東北支社長を任され帰仙、2005年11月にトライポッドワークス株式会社を設立して、札幌・仙台・東京に拠点を持ち、仙台から世界に向けてグローバルな経営を行っている。2011年3月11日に起きた東北地方太平洋沖地震の後「ITで日本を元気に」の代表として復興支援を精力的に行っている。また、最近ではドローンを活用して文化財や農園などの撮影を4K映像で自ら行っており、仙台市でドローンの普及活動も積極的に行っている。


角 勝 Masaru Sumi



株式会社フィラメント代表
オープンイノベーションデザインファーム「フィラメント」代表取締役CEOにして元公務員(大阪市職員)。前職では「大阪イノベーションハブ」の立上げと企画を担当し、西日本を代表するイノベーション拠点に育てた。 現在は、「共創の場をつくる」、「共創の場から生まれたものを育てる」をミッションとして、共創人材の育成や共創ベースでの新規事業創出を主導するオープンイノベーションオーガナイザーとして活躍。 多くの大手企業と顧問契約を結ぶとともに、ハッカソンをはじめとするイノベーションイベントのスペシャリストとして年間で50件を超えるイベントに携わる日本でも有数の共創分野の実践者である。


078のカンファレンスは、参加自由、申し込みは必要ありません。
Peatixでのチケット申し込みは、参加人数を把握するための目安であり、お申し込みいただかなくても参加いただけます。申し込みいただいた皆様には、今後078に関します各種ご案内をお送りする場合がございます。