interactive

開催概要

開催日時5月6日(土)15:00〜16:10
開催会場デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)内(http://kiito.jp/

講演概要

TVやインターネットは人に、時間と空間を越えた膨大な情報を与えますが、そのほとんどが視覚と聴覚に限定されています。しかし人には五感をはじめ様々な感覚があり、近年のVR仮想現実・AR拡張現実・MR複合現実などの概念によって体感そのものが、第三者と共有できるようになりました。
これらの技術はゲームやエンターテインメントに留まらず、医療健康分野でも大いに注目されています。そのビジネストレンドを実例を交え解説します。Oculus RiftやHTC VIVE, SONY PlayStation VRなどのHMD情報端末機器をはじめ、360°動画撮影可能な全天球カメラによる全周囲実写コンテンツ、スマホ型ARとして位置計測センサー搭載のLenovo Phab2 Proやホログラフィーのような体験ができるMRゴーグルのMicrosoft HoloLensなど、実際に医療現場や手術で活用されている実例など、わかりやすくご紹介します。

登壇者

杉本真樹 Maki Sugimoto



医師/医学博士
国際医療福祉大学大学院 医療福祉学研究科 准教授
株式会社Mediaccel 代表取締役兼CEO
HoloEyes株式会社 取締役兼COO
1996年 帝京大学医学部卒業。専門は外科学。帝京大学付属病院外科、国立病院機構東京医療センター外科、米国カリフォルニア州退役軍人局Palo Alto病院客員フェロー、神戸大学大学院医学研究科消化器内科 特務准教授を経て現職。
医用画像解析、VR/AR/MR、手術支援システム、3Dプリンターによる生体質感造形など、医療・工学分野での最先端技術の研究開発や、医療機器開発、医工産学連携推進に従尽力している。2016年、株式会社MediaccelおよびHoloEyes株式会社を創業、医療ビジネスコンサルティング、知的財産戦略支援、科学教育、若手人材育成を精力的に行っている。


interactive